尹東柱(ユンドンジュ)のモニュメント

貴志カスケWrote
 11月20日、尹東柱(ユンドンジュ)のモニュメントの仮組みができたので村松石材に制作者の田村隆氏とともに見に行った。当日は「詩人尹東柱記念碑建立委員会」の関係者の方々もこられて記者会見をされていた。
 尹東柱の記念碑は僕がプロデュースをして田村 隆が制作をした。「会」と作家の橋渡しをこの間ずーっとしてきて、PCを使えるものだから掘り込む文字のレイアウトなどもお手伝いした。
 尹東柱という詩人は戦時中日本に留学に来ていて、当時朝鮮語で詩を書いたということで治安維持法で捕まり、1945年終戦をまじかにして獄中死した。28歳でした。詩という韻を含んだり、言葉のひとつひとつに重要な意味や感情をふくんいる言葉を母国語ではなくて外国語で書くなんて至難の技である。日本語で書いた詩を朝鮮人に味わってもらうこともまた難しい話だ。戦争はこんな残酷なことを簡単に強制する。戦争をしてはならないという意をあらためて決意した。
 尹東柱の詩は今も脈々として生きている。韓国ではいまでも語りつがれ、先日公州に訪れたときもその話になり、韓日交流協会の会長の金明泰氏も尹東柱の詩を暗誦していて僕らの前で披露してくれた。早くして命を絶たれたので残している詩は少ないが韓国では国民的な詩人である。
f0159054_1158142.jpg


*新聞記事等はコチラ
[PR]

by artunion5436 | 2007-11-22 11:46 | カスケ通信  

<< 京都西山高原アトリエ村 韓日美術交流展2007 in 公州 >>